首肩の痛みや背中の痛み肩甲骨の症状が改善しない本当の理由とは

首肩の痛みや背中の痛み肩甲骨の症状が改善しない本当の理由とは

現代人は首や肩の痛みと隣合わせ

肩の痛みと聞いて何を思ったかといいますと、現代人が会社のオフィスでパソコンをたたいている途中で手を止めて人休みで自分の両肩を片方の手でもみほぐしているところを連想しました。
肩こりはこういったデスクワーク人に多いとは言われいますが、そのほかにもたくさんのいろいろな職業で肩の痛みを訴える人はいます。
たとえば車を運転することがお仕事の人なんかも結構あると思われます。車に限らず、乗り物を運転している人といったほうがいいかもしれません。

 

背中や肩甲骨の症状

運転を長時間するということは、やはり同じ姿勢を長時間しているということですから、当然背中や肩甲骨にも痛みや疲れがくるわけです。ましてや毎日のことですからなおさらだとは思いますが。
それと同時に目の使い過ぎでも肩の痛みはおこりますし、肩の関節系での痛みも起こります。

 

 

代表的なものは、肩関節周囲炎ですね。五十型、四十型とか言いますが、これにはさまざまな原因もあると言われていますが、肩の痛みが起こる原因で一番多いものといいましたら、やはり同じ姿勢を長時間やってしまうことということが一番だと考えます。

 

同じ姿勢を長時間やりますと、当然血流が悪くなりまして酸素や栄養が筋肉の細胞へ行かなくなりまして硬直してくるわけですが、これは人間の体のあらゆることころにおこることといってもいいと思います。ですから肩こりや肩の痛みが多い人といいますのは、やはり普段の運動そのものが不足しているということが言えると思います。

 

 

何か事故的に痛みを伴うものは別としまして、それ以外の人で肩の調子の悪い人といいましたらどうしても運動という部分にあたってしまうのではないでしょうか?、他にもたくさん」の肩の痛みの原因というものはあるとは思いますが、基本的に血流の悪さというものが大半を占めているような気がいたします。ですから運動をすることによって普段から血流をよくしておけば、たいていの人肩のころや痛みは感じなくてすむと思います。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ